エンジニアのためのメンタルヘルス診療所

適度な運動でストレス解消

現代人の多くは、目には見えないながら日常の様々な場面でストレスに晒され続けています。そして、日常的に長時間座りっぱなしでデスクワークを続けるなど、脳を酷使する一方で体を動かすことが無いという場合が少なくありません。適度な運動はストレス解消に役立つのであり、疲労感が溜まる日常に運動を取り入れることは、手軽でありながらとても効果的なのです。多忙を極めるエンジニアであったとしても、例えばこまめに休憩を取って仕事場の周囲を20~30分歩くということだけでも十分です。頭の中には悩み事がいっぱいであっても、強制的に肉体を動かすことによって、一度それらを全部忘れて気分の切り替えができるのです。また、少しずつでも運動を続けることで満足感や達成感を得られやすくなります。それが自分に対する自信の回復にもつながり、精神的な落ち込みから脱出するきっかけにもなるのです。そして、汗をかかない程度の軽い運動は体を温めてくれます。緊張でこわばった体の筋肉がほぐれて、気分も良くなります。このような運動によって、脳ばかりが疲労して体は疲れていないというアンバランスが改善されて、血行も良くなり夜はぐっすり眠れるようになるでしょう。

運動のための時間を確保

このようにストレスを解消して質の良い睡眠を得るために日中に行う運動として、外を歩くのは刺激的で楽しいので非常におすすめです。ウォーキングには、認知能力を高める働きもあります。また、その運動を行うのは自分に合ったスピードで速すぎず遅すぎず疲れない程度の自分にとって気持ちの良いペースを維持することです。大切な点は頑張り過ぎないことであり、歩くのであれば規則的に腕を振って呼吸を整えるなど、一定のリズムを保つようにします。そしてこれは心身ともにリフレッシュするために敢えて確保している休憩時間であるため、ズルズルと仕事をしながら、あるいは頭を依然悩ませながらでは意味がありません。

運動不足は侮れない

もっとも、仕事が忙しい時に呑気に自分一人だけ席を立って外を出歩くなど、職場によっては周囲の目が気になって中々実行しにくいかもしれません。しかし運動不足から些細なことにもイラついて周囲に当たり散らしたり、疲労を溜めこんで能率が上がらなくなってしまっている場合も少なくないのです。運動不足は幸いにも一人一人が自分で解消できるのであり、職場全体としての士気を上げるためにも採り入れる価値のある手軽で効果の大きいストレス解消法なのです。
もし、普段から運動を続ける自信が無いという場合はジムに入会すると良いでしょう。会費を払って入会することで運動の為の時間を普段から意識して作ることができますし、ジムには様々な設備が揃っているので飽きることなく続けることができます。忙しくて時間を取れる自身が無いという方でも、コナミスポーツクラブなら月2回から始められる為、無理なく続けることができます。
フィットネスプログラムがたくさん有ります!|コナミスポーツクラブ コナミスポーツクラブは全国各地にあり、施設の数も多い為、仕事帰りにも気軽に利用することができます。

PV数の多いサブテーマ

エンジニアは何故ストレスが溜まりやすいのかエンジニアは何故ストレスが溜まりやすいのか